医療用マスク クラス1適合!
くまもとマスク

重要なお知らせ

楽天市場にて「くまもとマスク」と検索すると、タピパンダ株式会社が製造又は販売する「KUMAMOTOマスク」が表示されます。
こちらの商品は、弊社商品とは一切関係ございません。多くのお問い合わせをいただいておりますが、お間違いなきようお願い申し上げます。

ましきクリニック「医学博士 桂文裕氏」に聞く
正しいマスクの選び方

くまもとマスクのフィルター

くまもとマスクの特徴

  • 国産品の不織布3層構造マスク。
  • 徹底した衛生管理の下、生産するために、クリーンルーム内で製造
  • フィルターは、ウィルス飛沫や花粉、PM2.5、ハウスダスト等を99%以上カットするものを使用。
  • 鼻にフィットしやすいように、柔らかなポリエチレン素材のノーズフィッターを使用。
  • 立体プリーツ加工により、呼吸が楽に出来ます。
  • 耳ひもは、長時間の使用でも耳が痛くならないように、耳に優しい柔らかな耳ひもを使用。

純国産マスクへのこだわり

  

私達は、マスクの開発に際し、純国産にこだわり開発しました。

口元に着けることから、不織布は肌に優しく、毛羽立ちしないことを条件として国内メーカーのサーマルボンド不織布を採用しました。これは、スパンボンド不織布と違い、全面を熱溶着しているから毛羽立ちしないのです。従って、口元がもやもやすることなく、1日中快適な着け心地です。次に、メルトブローン(フィルター)は、バクテリア濾過効率BFE、ウイルス濾過効率VFE、微粒子濾過効率PFE、共に99%以上の国内メーカーの物を採用しました。ノーズフィッターも、鼻にフィットし易い、柔らかなポリエチレン素材の国産メーカーの物を採用しました。

耳ひもは、50種類ほど見本を集めて、太さや伸縮率、肌触り等、比較した結果、柔らかで伸縮性に優れた6mm幅の耳ひもを、国内メーカーに特注して採用しました。その後、耳が痛くならない為には、耳ひもの長さをどの位にしたら良いのか、患者様と接する機会の多い看護師約100名に、モニターとしてご協力を頂き試作を重ねて決定しました。耳ひもは、ポリウレタンとポリエステルの繊維を編んで作られていますが、何と湿気を帯びると縮む性質があり、その為製造時は約190mmの長さにしています。出荷後、皆様のお手元に届く頃は、175~180mm程の長さになっている筈です。現在、様々なマスクが豊富に販売されるようになりました。
中には、感染症予防に適さないようなマスクも有ります。

そこで、厚生労働省と経済産業省は、2021年6月にマスクの日本産業規格(JIS)を制定しました。弊社も直ぐに適合申請を行い、9月には「日本産業規格JIST9001医療用マスククラスⅠ」に適合するとの認定を受けました。使い捨てのマスクではありますが、皆様を感染症から守るという、とても重要な役目を担っています。それだからこそ、私達はマスクを構成する素材一つ一つに、こだわっているのです。

これまでも、これからも、皆様を感染症から守るため「くまもとマスク株式会社」としてこだわり続けます。